9d528287.jpgかれいきれいなものには毒があると言いますが、このヒョウモンダコ最近良く見かけます。この蛍光ブルーの模様がいかにも危険ですって色をしてますね。このタコ山渓の野外毒本によると「フグと同じテトロドトキシンを持つ。咬まれても口で吸い出そうとしてはいけない。重症の場合は15分で呼吸麻痺。90分で死亡した例もある」とのこと。大きさは5センチくらいの小さなタコですが素手で触らないように注意が必要ですね。砂地で面白い動きをしていたメイタガレイ。2匹のペアを発見、産卵期なのか、座布団のように重なってました。そして私たちが近づいて行くと体の小さい方(メスと思われる)が逃げると一回り大きい方(オスと思われる)が追っかける。。また逃げる。。追っかける。の繰り返しでした。10分ほど観察したのですが、どうやらその気にならないらしく進展なしでした。また次回観察します。

                                                

スポンサーリンク