bb11ba3a.jpg雲見 透視度10m前後 ややうねりあり 水温20℃のんびり雲見にいってきました。エントリーするとキビナゴの大群に囲まれ、トサカのおおきなトウシマコケギンポ(黄色くてきれいでした)、オトヒメエビがウツボをクリーニング、そしてなんと、大きなトビエイに遭遇。畳一畳ほどあるやつが、砂地に下りてじっとしていました。そろそろと近づいて行って正面顔を覗き込むと、胴体の部分は結構厚みがあるんですね~。顔の厚みは30センチくらいかな~。そのあとマンタのように優雅に泳いで去って行きました。こんなに大きなトビエイは久しぶりに見ましたし、お客さんは初めて見たと言って興奮してました。
その他、大きなコロダイ、キンギョハナダイにソラスズメダイの群れ、洞窟に入って行くと、イタチウオが優雅に泳いでいたり、ヒメセミエビなど、暗いとこを好む生物がたくさんいました。←昼間に潜っていると観察しにくい生物です。洞窟は奥へ進むと真っ暗でライトがないとなにも見えません。
行き止まり間で行くと、上から光のスジが差し込んできてました。ライトを消してみると、何ともきれいで、幻想的な光景です。また、洞窟から出口に向かって行くと、目の前に青い景色がパァーっと広がって、これまたちょっと感激してしまいました。
お弁当を食べていると、地元漁師さんから思わぬおすそわけ(アオリイカにサザエ、アワビのお刺身)ビール飲みたかったけど、ぐっと我慢して2ダイブ目も潜ったのでした。
地形も楽しいし、お刺身美味しかったし、雨の中でしたが、楽しいダイビングでした。

                                                

スポンサーリンク