体験ダイビングにはじめて参加する方も含めて、すべてのダイバーに覚えておいてほしい。命を落とさないために知っておいてほしいたったひとつの事は「ウエイトを捨てる」ことです。

ダイバー
スキューバダイビングは器材を上手く使いこなすと、体力を使うこともなく誰でも潜ることが可能です。

ダイバー

海という自然を相手にする遊びなので、毎日潜っていても変化に富んだ海は飽きることがありません。

ダイバー

ダイビングライセンスを取得したNEWダイバーが誕生しました。

ダイバー

ダイビングライセンス取得コースでは器材の使い方や、基本的なスキル練習と命を落とさないための練習も行います。

水中景観

マスクに水が入ってきたら慌てますよね。

富戸の水中

レギュレター(タンクからの空気を呼吸する道具)が、もしも口から外れてしまったらと思うとぞっとします。

富戸ホール

そんな状況でも、ちゃんとした知識があってスキル練習を繰り返しおこなうことで、落ち着いて対応できるようになります。

マスクに水が入っても鼻から息をはいてあげるとマスク内の水を外に押し出すことが出来ますし、マスクが顔から取れてしまってもレギュレーターを放さなければ口だけで呼吸ができます。

さらに、レギュレータが外れても、あわてないで落ち着いて拾ってくわえ直せばいいだけです。レギュレータの正面のボタンを押すか、息を吐いてから吸えば海水を飲むこともありません。

しかしパニックになると冷静に考えることができなくなって、水面に一直線。水面につくとマスクもレギュレータも外してあっぷあっぷ。このままだと溺れてしまいます。

そこで覚えてほしいたったひとつの事。パニックになったら「ウエイトを捨てる」ことを思い出してください。ウエイトを捨てる事さえできれば、ウエットスーツやドライスーツの浮力で浮いていられます。

はじめての体験ダイビングに参加する予定のかたもライセンスを取得したばかりのダイバーさんも忘れないで下さいね。命を落とさないために知っておいてほしいたったひとつの事は「ウエイトを捨てる」ことです。

ウエイトがなければ、水面に浮かんでいられます。

スキューバダイビングは誰でもはじめられるレジャーだけど海でおこなうもの。最初はちゃんとしたインストラクターのいるショップで、器材の取り扱い方や、海、波の知識を習って、事故のないように楽しんでほしいと思います。

                                                

スポンサーリンク