ミナミギンポ伊豆の海が大好きです。
何故って?四季の移り変わりがあり季節ごとに変化があるから。伊豆の海にすむ普通種の生き物が面白いから。一年を通して何回も同じ場所に潜っていると、いつも同じ生き物たちを見かけるようになる。珍しい生物を見るためだけに潜っていると、同じ場所に何回も潜ることは退屈になってしまうかもしれないけど、もうちょっと魚の気持ちになって観察すると、なじみの生き物たちの暮らしぶりがわかり、とっても海が楽しくなってくるんだ。

伊豆海洋公園(IOP)僕は、18才の頃、伊豆海洋公園ダイビングセンターでアルバイトとして働きながら、海に潜る生活を送っていた。海に潜ることが楽しくて楽しくてしょうがなくて、来る日も来る日も早起きして「朝潜り」していた。そのころダイビングのドンといわれた故益田一氏、諸先輩方にダイビングの楽しさと海の厳しさを教えていただいた。海洋公園の海を潜っていれば世界中どこの海に行っても通用する。と、よく言われてたのが今になってわかる。一つの海をとことん潜り込むと、海のこと、生き物の生活ぶりが見えてきて、自分の中に海を判断する為の座標軸ができてくるというのだ。最初からあちこちの海を渡り歩くとうまく座標軸ができないんだと。つまり自分のホームグラウンドを決めて、そこを中心にして海の楽しさを知っていったら、ダイビングは最高に楽しいものになるのです。

ソラスズメダイ僕もそうなんだけど、どんな海に潜りにいっても海洋公園に戻ってくるとほっとする。やっぱりマイホームって感覚かな。そのうち、いつも出会う彼らが、あれ今日はなんか違うなあと気付きます。色彩がきれいになったり、お腹が大きくなったり、喧嘩したり、求愛したり、そんな彼らの一生懸命に生きている姿を理解できるようになると、ダイビングの楽しみは一生続くはず。さあ、一緒に伊豆の海を楽しみましょう。

季節ごとに変化がある伊豆の海。一年中夏だったり、ましてや一年中冬だったら季節の変化はないよね。

life_springspring海の中/生物の求愛行動や卵を守る姿が見られるようになるのが春です。海藻がたくさん育ってきて透明度が落ちる時期でもありますが、これは外敵から卵や稚魚が隠れやすくなるのに必要なのです。また、砂地がおもしろいのもこの季節。一見何もいないような砂地ですが、ガイドが指をさしたその先には次から次へといろんな生物が。これぞマジック!!目を凝らしてみると、いろいろな生物に出会えますよ!

陸上/伊豆高原は桜並木が有名。全長3km以上もある桜のトンネルは圧巻です。また、店から見える大室山の恒例行事として2月の第二日曜に行われる「山焼き」があります。山全体に火を放ち、山をまるごと焼いてしまいます。これによって若芽が早く芽生えるのですね。山焼きの日は、店の前には1日中ヒラヒラと灰が舞ってます。器材を外に出すと大変です~。
ジェイズヘブンから30分ほど南にくだる河津では、全国でも珍しい河津桜の祭りがあります。濃いピンク色の河津桜は見応えたっぷりです。

life_summersummer海の中/少しずつ水温もあがり、稚魚、幼魚が増えてきます。小さな魚はいつ見てもカワイイ!!一生懸命生きている生き物に感動もひとしおです。南の方から流れてくるトロピカルな魚たちにも会えて大満足!毎年どんな魚に会えるのか楽しみですね。

陸上/まずは野生のホタル。アフターダイブにはホタルのマル秘ポイントにお連れします!ふわふわと空中にただようホタルを見ていると現実を忘れてしまいそう。見られる時期が短いので(6月中旬前後)見たい方はお問い合わせくださいね。
そして夏の最大イベントは、なんといっても毎年8月10日に行われる「按針祭」の花火。ジェイズヘブンでは、船の上から見たり、浜辺で見たり、オーナー手作り弁当を持っていったり、干物を焼いたりと毎年工夫をこらして(?)まーす。8月10日のスケジュール帳には「花火大会」と書いて空けておいてくださいね!

life_autumnautumn海の中/水温は暖かく、透明度も良く、魚も多いのでベストシーズンといえるでしょう。このころから群れの遭遇率がアップします。キビナゴ、イワシ、アジ、タカベ、イサキ、イナダ、、、(おいしい魚ばっかりだ!)寒くないのでゆっくりのんびりと漂うのもよし、魚をじっくりと観察するのもよし、お好きなダイビングスタイルを楽しんでくださいね。

陸上/伊豆高原、城ヶ崎は暖かいので紅葉がほとんど見られないのです。その代わり、海辺でのんびりと暖かい日差しをあびながら、みんなでお茶を飲んだりお話したり。。。そういった時間は至福の時です。仕事や日常の雑事で疲れた時は、ぜひいらしてくださいね。ココロの洗濯ができますよ。秋の伊豆の、なんともいえない心地よさを体験してくださいね!

life_winterwinter海の中/ダイビングをこよなく愛する方々にはたまらない季節、冬。透視度は平均20m前後。まるで空を飛んでいるようです。この季節にはナビゲーションのスペシャルティ受講がオススメ。ばっちり地形が把握できます。また水中スクーターで魚の群れを追い越しながら遠出するのも楽しいですよ!

陸上/伊豆といえば温泉。海の帰りにはオススメの温泉にお連れします!そしてダイビングの後にはおいしいお魚料理で楽しい1日を締めましょう!。ジェイズヘブンおすすめのお店をこっそり、教えちゃいます。もうひとつ、伊豆に泊まった時はぜひ、夜空を見上げてみてください。都会では絶対見ることのできない、た~くさんの星に感激すること間違いなし!