リアクトライト(救急法)の勉強をしに横浜鶴見に行ってきました。

胸部圧迫の方法や、回数などが変更になっていました。

より簡潔にわかりやすくなっています。

救急車到着まで6分かかるそうです。

助かる命も6分間ほっておくと大変なことになります。

あなたの大切な家族、友人、の命を救えるようになるために。

ふだんからトレーニングを積むことはとても重要なことだということを再認識しました。

状況トレーニングでは、

いろんな場面設定をして、

なにが原因で人が倒れているのが?呼吸は心臓は、どんな救命措置をしたらいいのか>

やってはいけないこともあるよね。

といろいろと考えさせられるトレーニングでした。

先日航空機の中で心停止の男性の命を看護師の方が助けたというニュースがありました。

もし、看護師の方がいなかったら。。。。。どうなっていたでしょう?

ひとりでも多くの人が救命法を勉強して、

いつ、どこでも、人の命を救える社会になるといいですね。

ダイビングに限らず、普通に生活していても緊急事態は起こりえます。

もっともっとトレーニングして、たくさんの人にこの救急法を伝える使命を感じました。

                                                

スポンサーリンク