キュウセン伊豆海洋公園 透視度15~20m 良好 水温18~21℃(ちと冷たい)朝から雨が上がり、海はベタナギ、透視度もよかったのですが、ちょっぴり水温が低くて寒い。それでも海から上がると蒸し暑いのでちょうど良いかも (*^▽^*)。さて、今日はじっくり産卵、求愛、闘争を観察して、気がつくとダイブタイムは、70分超えていました。時間を忘れるほど、面白いかったんです。ヘビギンポの産卵行動を観察していると、産卵の最中でも遠くの方にいる雄(この場合60センチ程離れてました)を、わざわざ追い払ってました。カミナリベラは激しく縄張り争い。ホンベラは集団産卵。シマウミスズメは雄同士の闘争。オハグロベラは縄張りも確保でき、産卵しようというところ。ノコギリヨウジはお腹に卵を守って(雄ですよ)ました。クロホシイシモチの産卵。などなど。時間がいくらあっても足りません。水中にずっといられたらいいのになあ。と思った一日でした。

                                                

スポンサーリンク