テレビの取材でした。
サンタ(とりごえゆきこさん)とトナカイ(石井さん)が、潜るシーンを撮影。

私たちは安全管理とサポートです。
石井さんが、耳抜き(水圧からくる違和感を圧平衡すること)が上手く出来ずに、水深20m(ここにツリーがあります)まで行くのにかなり苦労していました。
ダイビング経験した方には、わかりますが、耳抜きが出来ないとき程水深深く行くのはつらいのです。
しかし、ゆっくりゆっくりと時間をかけて20mまで下りました。
そこからが、プロとしての本領発揮!
サンタ(女性モデル)をくるくる回して、ダンスを踊ったり、音楽に合わせて指揮するジェスチャーをしたり、ツリーを見つけてあっと驚く動作など、見ている私たちも思わず笑ってしまう程でした。

カメラマンの要求の、はるかに上を行く来たい以上の仕事をする。
これこそプロ意識だと感心しました。

石井ちゃんよりも、モデルにめろめろの飯塚でした。

                                                

スポンサーリンク