ダイビング講習風景“ダイビングスクール”というと、あなたはどういうものを思い浮かべるだろうか?おそらく大半の人は、ライセンスを取得するのが目的でその先のダイビングライフまで考えていないかもしれない。

ジェイズヘブンでは「生涯楽しめるダイバー」こそ、本当のダイバーであると考えている。ライセンスを取得しておしまいだなんて、限られたあなたの貴重な時間や資源を無駄に投じてはいけない。

失敗しないダイビングスクール選びのコツとは、具体的にどういうものかを解説しよう。ダイバーでない方でも分かりやすい内容となっているので安心して読み進めてほしい。

一人前のダイバーになるためにすべきは間を置いた反復!
ここではスキューバダイビングを始めるにあたり、ライセンスを取得するまでのコツについて説明する。

1、海の環境に近いプールで教えてもらえるか?

ちゃんと泳げる広さがあること。(縦20m、横13mくらい)水深4m以上のプールもあると、耳のチェックもできるのでgood!

2、プールは1日じっくり練習できるか?

自社所有のプールか、1日使えるプールで受講できるかどうか。街中のプールだと時間で区切られて利用するため、どうしても「時間優先」になってしまい、不安をかかえたまま時間切れ〜〜、、、なんてことも。海に行くまでの貴重な練習です、納得いくまで練習したいですもんね。

3、講習料金が極端に安く(トータル5万円以下)ないか?

経費を浮かせるために講習の内容がカットされたり、ログブックが別料金になっていたり、場合によっては教材の使いまわし、なんていうのも聞きます。しっかり面倒見てくれるショップを選びましょう。

4、お客様の声を載せているか?

ホームページにお客様の声を載せているかどうかで、そのショップの雰囲気って伝わるものです。

5、旅行会社から紹介のお客様が大半を占めていると、、、?

非常に安く請け負っている可能性が高いので大量のお客様を少人数のスタッフで担当することとなり楽しいはずの講習が「何だかわからないまま終わった」ということになりかねません。一度確認してみましょう。

6、スタッフが定着しているか?

半年〜1年でスタッフが変わっているショップは要注意!
インストラクターなら誰でも、「お客様にダイビングを楽しんでほしい」と思っているはず。その思いが経営者とズレてしまっているからやめちゃうんです。スタッフが長く働き続けられるショップなら安心です。

7、電話の応対は感じがいいか?

ホームページからはわからない最大のポイント!最後は直接電話で話して決めましょう。疑問点など聞いてみて、わかりやすく親切に説明してくれたなら講習もわかりやすく親切、と思ってOKでしょう!

7つのポイントをあげてみました。料金だけで比べてしまいがちですが
ショップはどこも同じではないんですよ。これからお付き合いが長くなるわけですから、あなたが納得いくまで調べてくださいね。

きっとあなたにぴったりのショップが見つかりますよ!!