海と出会う、海が好きな仲間と出会う、自分自身と出会う。世界中のさまざまな海に潜り、海が好きな仲間と旅行し、酒を飲み、語り、笑い、心を通い合わせる。

大自然の海と向き合い、自分の無知やもろさに気づき、新しい自分を発見する。

スキューバダイビングで海を感じることは単にエキサイティングな冒険だけではない、人生観を左右するほどの驚きと感動に満ちている。

ジェイズヘブン(J’s Heaven)は、私たちの大好きな海「城ヶ崎の楽園」。この素晴らしい伊豆の海から世界中の海へ、潜って、遊んで、泊まって、素晴らしい体験をしよう。

ホームグランド伊豆海洋公園(IOP)について

IOP看板IOPダイビングセンターは、富士箱根伊豆国立公園の第1種特別地域、城ヶ崎海岸の中にあり、その海岸線は4〜5千年前の大室山の大噴火により、溶岩が海に流出してできた、ダイナミックなリアス式海岸で、三陸の東尋坊とならぶ景勝地となっています。
海底もまた起伏、変化に富み、ゴロタ石、地磯の岩礁、それらの作るダイナミックな崖、砂底、転石のある砂底など、すべての海中の環境が、箱庭のように凝縮され、それらの環境に適応した生物が数多く見られます。

また、沖合いで寒流の親潮と暖流の黒潮がぶつかるため、四季のある興味深い温帯海域であり、特にIOP前の沖に向かって張り出した数本の巨大な根は、潮流を複雑にし生物に良い影響を与えています。

岸からエントリーしてブリ、ヒラマサの群れや30kgを超えるクエが見られるなど、他に類を見ないポイントです。

1984年、有名な自然科学雑誌「NATIONAL GEOGRAPHIC」はこの海を、驚異と称賛をもって30ページにわたって紹介しています。

ダイビングセンターは1964年益田海洋プロダクションにより設立されました。1966年に東海大学海洋学部の潜水訓練センターを開設以来、益田一氏の下、ダイビング事業に努力してまいりました。

益田氏指導の下、当訓練センターの出身者は6,000名を超え、水産試験場、水族館、海洋調査会社、海洋レジャー関連などの仕事に多くの方々が活躍しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここをベースにパラオ、モルジブ、カリブ海などいろいろ潜ってきましたが、伊豆の城ヶ崎海岸(含伊豆海洋公園)ほど私を魅了したところはありません。

伊豆の海には四季の変化があり、温帯域ということで、海洋生物の分野でも成果をあげることができました。

益田一
※I.O.P DIVING CENTERパンフレットLiving Togetherより抜粋

体験を共有する

海の体験を共有する仲間ダイビングが面白いのは、一緒に潜った体験を「共有できる人」がいるから。はじめはうまくできなくても、繰り返し練習して潜ると、一人一人が成長や達成感を感じるようになる。

スキルアップしたら世界中の海があなたを待っている。海での感動や歓びは、真剣に学び、真剣に遊んだ人だけが得ることができるんだ。

 

店舗のご案内

ジェイズヘブンの店舗はありません。アクアペンションマリンブルー内で営業しています。ログ付けはのレストランスペース等で行っています。
集合場所もアクアペンションマリンブルー集合でお願いいたします。

住所 〒413-0231 静岡県伊東市富戸908-110
TEL・FAX TEL0557-48-7205 FAX0557-48-7215
営業時間 8:00〜20:00
営業内容 ダイビングライセンス資格取得講習、体験ダイビング、スノーケリング、ファンダイビング、器材販売&メンテナンス、各種スキルアップ、潜水に関する業務。

アクセス

【お車の場合】
・東京方面:東京→(東名高速)→厚木I.C→小田原厚木I.C→小田原→R135→伊豆高原
・名古屋方面:名古屋→(東名高速)→沼津I.C→伊豆縦貫道→R135→伊豆高原
【電車の場合】
・東京→(特急スーパービュー踊り子号)→伊豆高原
・東京→(新幹線こだま号)→熱海→(伊豆急)→城ヶ崎海岸駅
・名古屋→(新幹線こだま号)熱海→(伊豆急)→城ケ崎海岸駅